わが子へのお祝い

現代風の雛人形

子供が健やかに、のびのびと成長してほしいと思うのは親の願いでもあります。
5月は子供の日があり、男の子の成長を祝う日でもあります。
その時には五月人形を飾り、たくましいわが子になってほしいという親や親族にお披露目します。
雛人形も同様で、3月3日のひな祭りには、人形を飾り、女児の成長を祝います。
武家社会となり、男の子が一人前になる時には鎧兜を身につけたことが武将の慣わしでした。
現代では戦いはありませんが、勇ましさなどを象徴する道具であるので飾り物として五月人形に武者や鎧兜を置くことになりました。
女の子は、平安装束の親王と内親王が並んでいることで、この先の子孫繁栄と美しさやしとやかさを身につけるという思いを形にしたものです。

子供の幸福を願うもの

破魔弓は魔を破るという言葉通りです。
魔の意味は悪いことや悪い人など、厄際の広義の言葉です。
子供には幸せになってほしいと思うのは親の願いです。
それをどういう形で表すかといえば、遠くに魔を追いやるような形で表しました。
矢を射ることは、平家物語でも出てきますが、何かを打ち破るということです。
それを破魔弓にこめ、子供の幸福を願いました。
いつの時代になっても、子供の幸せを願っていない親はいません。
人形を飾るというのは、人の形をして、さまざまな事柄を移しこむこともいわれとしてあります。
よくないことを子供の身代わりになって受けるということもあり、人の形をしたものは魂がこめられています。
五月人形や雛人形は日本人の宗教観から生まれたものなのです。

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031